浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 浦和レッズ2015ライブディスカッション 「2年連続の終盤の失速。なぜ優勝できなかったのか」

DSC03946
レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを訊く「レッズ2015ライブディスカッション」。2年連続の終盤の失速で、頂点の座を寸前で失った。その時、レッズには何が起きていたのか、河合さんにお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

優勝寸前にしての失速の要因は

椛沢:2014シーズンを振り返るということで、あまり振り返りたくもない過去ではありますが、最初のテーマは、なぜ優勝できなかった、2年連続での終盤の失速となってしまいました。

河合:失速の原因は、興梠の怪我が一番大きいかな……。あとは監督の選手の起用方法。負ければ監督の責任というのが当然だと私は思う。正直、言ってミシャは勝ち急いだ。それで失速したと思う。例えばガンバ戦は引き分けでも良かったけども、あの試合で勝ち点1を分け合っていても良かったと思うところはあるし、ストライカーという部分では興梠に頼りきっていた部分は大きかった。

(残り 7592文字/全文: 8005文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ