浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】11人の新加入選手が意気込みを語る。<岡本、大谷、石原、橋本、加賀、ズラタン、高木、武藤、小島、茂木、斎藤、山道強化部長コメントあり>(2015/1/13)

IMG_3689

2015シーズン加入記者会見および新ユニフォーム発表

高校選手権決勝の余韻がまだ残る1月13日、埼玉スタジアムにて2015シーズン加入記者会見と新ユニフォームが発表された。

新ユニフォームは、浦和の伝統カラーであるレッド・ホワイト・ブラックのトリコロールのコンビネーションを継承しながら、浦和の象徴であるダイヤを大胆に表現したデザインとなった。エンブレムの下にあるダイヤは、細い12本のラインでダイヤが形成されており、まるで大木の年輪のように刻まれていた。また、「PLAY TO THE LIMIT」「IN THE RIGHT SPIRIT」も文字がバックネックに2015シーズンのクラブ信念として描かれていた。

更に、選手たちがプレーし易いように、通気性や吸汗速乾性、軽量性を向上させた。アウェーユニホームのホワイトは、小さめの黒襟にボタン付きスタイルでエレガントな印象となった。GKユニフォームは、ブルーと黒と緑色で袖にアクセントを付けたデザインとなった。新ユニフォームは、ホームの赤は2月1日より、アウェーの白とGKユニフォームは2月14日より販売される予定である。

IMG_3700

新ユニフォーム発表後、新入団記者会見が行われた。広島から石原直樹選手、大宮からズラタン選手、FC東京から加賀健一選手、清水から高木俊幸選手、仙台から武藤雄樹選手、柏から橋本和選手など実績がある選手6名とレンタル期間を終えて小島秀人選手、大谷幸輝選手、岡本拓也選手が復帰、ユースから昇格した斉藤翔太選手、茂木力也選手と総勢11選手が加入となり、豪華な加入会見となった。

IMG_3572

山道強化部長は「今シーズン、Jリーグは新しい制度でセカンドステージ制が始まる。リーグ戦とACLもあり難しいシーズンだ。選手の質とボリュームが重要になる。浦和は、2月25日ACLからスタートして、28日にゼロックス、3月3日にはまたACLがあり7日にJリーグの開幕を迎える。連戦で厳しい中を闘い抜くには、選手のクオリティーとクワンティティー(量)を考えて補強した」と満足そうな表情を浮かべ話した。しかし、直ぐに険しい表情で「勝ちながら、選手を育てる難しさを感じている」と話し「個を育てることをしていかないといけない」と浦和に突きつけられた課題を口にした。

岡本「いっぱい浦和で走りたい」

長崎からレンタル移籍を経て戻って来た岡本拓也選手は「長崎と浦和は、同じフォーメーション。長崎で試合に出て、守備の対人プレーの強さや厳しい環境でトレーニングを積んで来た自信がある。いっぱい、浦和で走りたいと思う」と成長した姿を浦和で見せたい。

IMG_3615

大谷「試合に出て自信がついた」

昨シーズン、北九州の守護神として活躍した大谷幸輝選手は「試合に出て、ゲーム感を培ってきた。至近距離のシュートストップの自信も付いた。浦和では、GKからのしっかりとしたビルドアップが求められる。足元の技術を上げていきたい。まだ、浦和では1試合も出場していないので、試合に出てサポーターに認めてもらえるように頑張る」と試合出場を目標に掲げた。

IMG_3629

このあと、石原、橋本、加賀、ズラタン、高木、武藤、茂木、斎藤コメントもあり

(残り 2362文字/全文: 3654文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ