浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】始動2日目も激しいトレーニング。啓太「完治とはいえないが、ベストを尽くすしかない」<啓太、武藤、小島、岡本コメントあり>(2015/1/15)

IMG_4003

始動2日目、雨の中でみっちり3時間

浦和が始動して2日目となった1月15日。気温5℃と冷たい雨が選手たちの体温を奪っていった。10時から始まった練習は、3時間に渡りハードなものであった。練習の終わりが告げられると選手たちからは「寒かったぁ」「お腹空いたぁ」「腹へったぁ」と思わず声が上がるほどであった。

ランニング、ボール回し、ストレッチ、3人目の動きを意識した縦パスなどを織り交ぜながら約1時間、念入りにアップをした後、ハーフコートにゴールが3つ置かれてゲーム形式の練習が約15分×3本行われた。

3つのゴールは、岩舘直選手と大谷幸輝選手、そして、昨シーズン夏のキャンプにも参加したことがある専修大学3年生の福島春樹選手が守った(福島選手は、今日1日だけ練習生として練習に参加)。ボールをキープしながらゴールを守る役割のグループとボールをキープしている相手からボールを奪ってゴールを決める役割のグループの変わったゲーム形式であった。3ゴール設置されているため、視野を広く取りながら味方との意思疎通が重要となり、素早い判断力が求められた。ミシャ監督からは「空いていたら中を使え!」「周りを良く見ろ!」「判断を良く!」と檄が飛んだ。

啓太、武藤、小島、岡本コメントあり

(残り 2586文字/全文: 3115文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ