浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】2時間を越えた厳しい練習をこなす<宇賀神、永田、岡本コメントあり>(2015/1/31)

IMG_4173

妥協を許さず2時間を越えた午後の練習

太陽が傾き始めた午後15時半から午後の練習が始まった。ピッチには、建物と照明塔の影が長く伸びていた。

ランニングやストレッチを入れて、3グループに分かれて通称鳥かごのボール回し、4人ひと組で3個のボールを使った浮球のボール回し、動き出しを入れたショートパス・ロングパスなど40分ほど、じっくりとアップを行なった。

その後、ハーフコートで攻撃が数的優位を保てる3対2が行なわれた。GKを置いての練習のため、ゴール前は攻撃と守備が同数となっていた。攻撃の組み立て方は自由でパスを繋いでも良いし、ドリブルで運びながらDFの動きを見ながら判断力が求められ、またボールを持っていない攻撃の2人の選手は、相手DFを釣る動きで味方にスペースを作ったり、マイナスのボールに対してフリーでシュートが撃てるポジションやセカンドボールを狙えるポジションなど3人目の動きを意識していた。数的不利なDFは、相手の攻撃を外側に限定して追い込みシュートコースを消す動きなどが見られた。

(残り 1956文字/全文: 2399文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ