浦和フットボール通信

MENU

ほのぼのムードのREDS FESTA2015 「今年は結果を出す」<ミシャ監督、吉田靖監督、山郷、堂園、後藤、武藤、柏木コメントあり>(2015/2/1)

IMG_4424

ほのぼのした雰囲気の中で、REDS Festa 2015が浦和駒場スタジアムで開催される。

今年も、ファン・サポーターに日頃の感謝の気持ちを籠めた「REDS Festa」が2月1日浦和駒場スタジアムで開催された。穏やかな晴れ渡る空の下で、スポンサーブースや飲食店ブース、後援会ブースなど様々なテントが賑やかに立ち並んでいた。

また、選手が日頃、試合の移動で使用されるバスが展示されたり、レッズレディースが試合で使用しているロッカールームが公開され、優勝トロフィーや優勝記念グッズなどの展示がされて人気を集めていた。

IMG_4314

午前中は、展示ブースをはじめ新加入選手のサイン会や憧れの選手と子供たちが一緒にボールを蹴れるなど、来場者は自由に楽しい一時を過ごすことが出来た。

中でも人気を集めていたのは、柏木陽介選手が主導権を握っていたDJブースであった。いろいろな選手を呼び込み、軽快なトークで他の選手をいじりまくって笑いを誘っていた。柏木選手のトークで宇賀神友弥選手が「『お前なら出来る!』と選手会長に抜擢されたが、嫌われ役で嫌なことも沢山ある」と思わず本音の話が飛び出した。

IMG_4343

そして、昨シーズンで引退を決意した元レッズレディースの山郷のぞみさんと堂園彩乃さんの引退セレモニーが行われた。

IMG_4356

山郷、堂園選手が引退の挨拶「サポーターの応援で足が震えた」

山郷さんは「昨年で現役を引退しました。引退して約1カ月。色んな方に挨拶をしましたが、レッズサポーターの前でご挨拶が出来なかったことが心残りでした。こういった場を設けて頂き有難うございます。レッズのユニホームを着て、一番最初にゴール前に立った時には、震えることは無かったが、サポーターの応援で足が震えた。何試合もサポーターに助けられました。今後は、日本の女子サッカー界に貢献出来るように頑張ります」と深々と頭を下げた。

堂園さんは「2014シーズンをもちまして、引退することを決めました。25歳で引退することに、まだやれると厳しい言葉をもらいました。レッズレディースで経験出来たことを感謝しています。今後も浦和レッズ、レディースのサポートをお願い致します」感謝の思いを口にした。

今後、山郷さんは成立学園のGKコーチとして、男女のサッカーの指導にあたるそうだ。堂園さんは、サッカーから完全に離れるが、今の仕事は続けて行くそうだ。「少し、のんびりとして旅行にいきたい」と話した。山郷さんと堂園さんは、思いで深い浦和駒場スタジアムをあとにした。

IMG_4357

レディースキャプテン後藤が挨拶「優勝してWe are Diamondsを歌った喜びを忘れられない」

(残り 1669文字/全文: 2743文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ