浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】浦和レッズレディースに期待の4選手が新加入<吉田監督、長船、清家、白木、平尾コメントあり>(2015/2/2)

IMG_4445

レッズレディース2015シーズン新加入選手記者会見

輝くリーグ優勝を手にいれた2014シーズン。そして今シーズンは、浦和レッズレディースにとってリーグ連覇を目指す新たな挑戦が始まった。

新たな挑戦をするためには、補強は大事になってくる。心強い仲間が4人、レッズレディースに加わった。練習始動となる前日の2月2日、さいたま市内で新加入記者会見が行われた。

吉田監督が新加入4選手へ期待の言葉を送る

記者会見で吉田監督から選手への期待をこめた紹介がされた。吉田監督は「長船は、仙台レディースから移籍して来た日本代表の選手です。自分が監督になってから仙台だけには、勝ったことが無かった。仙台は、守備がしっかりしている。そのセンターバックの中心の長船が来てくれて、強力な補強が出来た。スピードもあり、1対1も強く、高さもある。チームの中心となってやって貰いたい」と嬉しそうに話した。

そして「清家は、レッズユースの時から、試合に出場している。昨シーズンは、8得点を上げてチームの優勝に貢献してくれた。スピードと突破力がある。いずれは、日本代表のストライカーになる選手だ」と絶賛。

「白木は、常盤学園から加入した。ポジションはFWで、高校2年生の時のチャレンジリーグで優勝した時のメンバーで、MVPも獲っている。その時から欲しい選手だった。ボールの扱いも上手く、シュートも上手い。裏への抜け出しも良い。レギュラー争いを勝ち取って、即戦力として活躍して欲しい」と嬉しそうに目を細めて話した。

「平尾は、JFAアカデミーから加入した。清家と同様に、昨シーズンは強化指定選手として試合に出場した。安定したボールキーピングで、優勝に貢献してくれた。高いレベルに対する安定感は、トップレベル。将来は、日本代表のGKになれる。チームに貢献して欲しい」期待を寄せた。

そして、「2連覇は難しいが、優勝を狙います。良い補強も出来て、戦力も充実している。今シーズンは、攻守の切り替えを早く、より攻撃的で、攻撃の時間を多くして観ている方に楽しんでもらう。昨シーズン、課題はあった。皇后杯の決勝でも相手にゲームコントロールされて、力不足だった。他のクラブも補強をしている。より動いて、球際強く、技術の精度を合わせていかないといけない。攻撃のバリエーションを多くしていく。昨シーズンは、怪我人が出て四苦八苦していた。戦力を充実させて、底上げをしないといけない。やることは、沢山ある。日々の中で大切にしながらレベルアップしていく。全員が競争です。可能性があり、力のある選手を先発で使っていく。トータルで何が良いかを見つけていきます。昨年と同じ様にやっていたら、リーグも皇后杯も獲れない」と厳しい口調で話した。

IMG_4428

長船、清家、白木、平尾。新加入4選手の意気込み

(残り 1205文字/全文: 2356文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ