浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】明日28歳の誕生日を迎える梅崎が切れ味を見せる<那須、青木、関根、梅崎>(2015/2/22)

IMG_4593

今日のイチオシ!!「梅崎司選手」

今日のイチオシは、ビブなし組みで右の2列目でプレーをしていた梅崎司選手だ!サイドに数的優位を作り、攻守に渡り軽快な動きを見せていた。ボランチの鈴木啓太選手が縦パスの楔を李忠成選手に入れた瞬間に動き出し、李選手からパスを受けると思いっきり右足を振り抜いた。さすがの西川周作選手も反応出来ない程の素晴らしいシュートであった。また、サイドの攻防でも守備に回った石原選手を力強いドリブルでぶっちぎったり、関根選手との1対1のシーンでも冷静な判断で輝きを見せていた。明日は、梅崎選手の28回目のお誕生日!!脂も乗ってキレキレの梅崎選手のコメントは、明日お届けしたいと思います。乞うご期待!! IMG_4512

那須「浦和で出来る喜び、アジアで闘える喜びを感じでプレーしたい」

練習後、一番念入りにアップをしていた那須大亮選手は「寒いですからね。コンディションは気をつけないと。向こうも(韓国)も寒いよね」と話し「キャンプで良い準備が出来ていた」とキャンプの成果を感じていた。そして「また、ピッチで浦和の選手として出来る喜び、アジアで出来る喜びを感じ、昨年の悔しい思いを糧に良いゲームの入りを意識したい。攻守において、いかに自分たちのサッカーが出せるかだと思う。ふっと気が抜けた瞬間に失点が生まれる。3DFの脇のバイタルエリアは、良い距離間で誰かがスライドしてもバランスを崩さずに、誰かがカバー出来る。距離間がキーポイントになると思う。相手チームは、ホームの初戦だから気持ちを入れてくる。受け身にならないように、ACLで頂点を獲ると次の試合で見せないといけない」と意気込んだ。元川崎でプレーをしていたチョン・テセ選手について「テセは、肉弾戦に強い。空中戦でセンターにパワーを持って入ってくる。横からのセンタリングに合わせるイメージがある。1発を持っているよね」と警戒した。 IMG_4603

青木「初のACLが楽しみ」

練習後に居残ってロングフィードに取り組んでいた青木拓矢選手は「ちょっと課題があるんでねぇ~。今日、居残り練習をして見た」と照れ笑い。「キャンプの途中で怪我して、少し遅れたしね。まぁ、休んだのは4日ぐらいですが、ここでちゃんとやって合わせていかないといけない」と話し「ACLは、僕は初なんで楽しみ。韓国のチームのイメージは、球際が強いみたいな感じかなぁ・・・。VTR見たけど、水原は意外と繋いで来る。ブラジル人選手やサイドの選手がキープレーヤーだと思った。あと、取られた時のカウンターも素早かったから、リスクマネジメントが大事だ。連戦になるし、水原戦に勝って次の試合に繋げたい。今年は、チームのコンセプトをやりながら、ゴールも狙いたい。ズラタンに当てて、自分がゴール前に飛び出す!でも、タイミングをみないと、後ろが3枚になってしまいDFラインと中盤がすっぽり空いちゃうから・・・」と話した。青木選手は、試行錯誤しながら判断力に磨きをかけているようだ。 IMG_4530

関根「アジアで勢いをもってやっていきたい」

青木選手と同じくACL初挑戦となる関根貴大選手は「厳しい大会だと思うが、いろんな経験が出来て、自分の成長に繋がる。勢いを持ってやって行きたいし、自分らしさをアピールしたい。この試合で勢いに乗れれば、Jリーグも上手く入って行けると思う。水原は、結構、蹴って来るイメージだったが、繋いで来るチーム。攻撃が最大の防御になると思う。あとは、ボールを失った時の攻から守への切り替えを早くしたい」と話した。そして、今日のミニゲームを振り返り「攻撃はし易かったが、守備に切り替わった時に自分の裏を使われてしまった。ボールの失い方が悪いと守備が遅れてしまう。シャドーとワイドと左サイドバックの関係が大事だ。声を掛けて、ポジションを修正していけば崩されることは無いと思う。自分は、逆サイドに相手ボールが入った時の絞りの意識は出来ている。落ち着いてプレーの幅を広げていきたい」と守備の課題を上げていた。

(残り 0文字/全文: 1634文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ