浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】ACLブリスベン・ロアー戦に向けて、ズラタン、興梠の2トップをテスト。<柏木、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/3/3)

ホームでブリスベン・ロアーを迎え撃つ!!

ACL初戦となったアウェイ水原戦で逆転負けを喫した浦和は、3月4日ホームの埼玉スタジアムでブリスベン・ロアーを迎え撃つ!両チーム共に初戦を落としだけに、何としてでも勝ち点が欲しい所だろう。厚い雲に覆われて底冷えのする3月3日、浦和は午後3時から、ACLブリスベンは、午後5時から公式練習をおこなった。

ペトロヴィッチ監督「手強い相手だが、是が非でも勝ちたい」

練習開始前に行なわれた公式記者会見でペトロヴィッチ監督は「アジアの最高峰の闘いは、厳しいゲームだ。第1節の水原戦も厳しいゲームだった。全力を尽くしたが、敗戦した。明日も全力を尽くし、勝利をもぎ取りたい」と話し、「アジアは、どのチームも強い。ブリスベンは、ACLを優勝したことのある国の代表チームである。オーストラリアは、特にサッカーに力を入れて投資している。手強い。ブリスベンは、パスを対応する良いサッカーでアグレッシブだ。だが、我々は引けを取らないサッカーが出来る力が有る。ホームゲーム、是が非でも勝つ!」と力強く話した。

(残り 806文字/全文: 1266文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ