浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】ACL第2戦 ブリスベン・ロアー戦<柏木、ズラタン、啓太、興梠、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/3/5)

2トップ採用もちくはぐの前半

春の訪れを告げるように、穏やかな天候に包まれた3月4日。ホーム開幕戦のACLグループリーグブリスベン戦は、天候とは裏腹に厳しいものとなった。ACL初戦を落とした両チームだけに、共に勝ち点は欲しい状況だった。

ACLグループリーグを突破するには、ホームでは絶対に負けられない浦和は、前日練習通り攻撃的な布陣で興梠慎三選手とズラタン選手の2トップにし、スピードもあり守備能力の高い加賀健一選手を右のワイドで起用して高い位置でボールを奪う姿勢を見せた。

しかし、試合の立ち上がり3分、トーマス・ブロイヒ選手のドリブルを柏木陽介選手が、一端はインターセプトするものの、そのこぼれ球をトーマス・ブロイヒ選手が再び拾い、右に走り込んだブランドン・ボレロ選手へ。ブランドン・ボレロ選手は迷わずニアサイドにシュートを放ち、ゴール。ファーストシュートが先制点となってしまった。

柏木陽介選手は「自分がボールをカットしたのに、置いてしまった」と失点シーンを振り返った。鈴木啓太選手は「早い時間帯に失点をした中で、相手のクオリティーもあるが、精神的にホームでやっている気持ちの部分で余裕を生んでしまった」と話した。

(残り 1661文字/全文: 2168文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ