浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】前線トライアングルの起用に頭を悩ます<ミシャ監督コメントあり>(2015/3/21)

IMG_5132
リーグ3連勝を目指して、いざ広島へ

薄曇りで北風が冷たく感じられる3月21日、ミーティングを終えて広島戦の前日練習が始まった。北京戦で負傷した武藤雄樹選手(左わき腹打撲)と宇賀神友弥選手(左膝痛み)、木曜日の練習中に左肩を打撲した斉藤翔太選手は、別メニューでリハビリを行なった。

通称鳥かごのボール回し後、4人1組となりショートパスやロングボール、落としのボールなどのアップを行なった。その後、ハーフコートでのミニゲームが3本行なわれた。

ビブ組は、GK西川、DF槙野、那須、森脇、MF橋本、阿部、青木、梅崎、高木、柏木、FW石原。ビブなし組は、GK大谷・岩舘、DF岡本、永田、加賀、MF関根、小島、鈴木、平川、興梠、李、FWズラタン。

IMG_5185

ビブなし組は、前線3人のコンビネーションが良く、いきなりズラタン選手がゴールを決めると、更に攻守の切り替えが良くなり波に乗っていった。一方、ビブ組はボールを保持すると慎重になり過ぎたのか、楔のパスもサイドの揺さぶりも時間が掛かり、なかなかシュートまで持ち込めない状態が続いた。ビブなし組の鈴木啓太選手が、高い位置でボールを奪って狙ったシュートは、クロスバー直撃。さすがの西川周作選手も「そこ、つめようよ!」と声をあげた。

ミニゲームの2本目でもビブ組は、攻撃のリズムが作れず、3本目にミシャ監督は前線の3人を総取換えした。ビブ組に入ったズラタン選手と李忠成選手、興梠慎三選手は流動的にポジションチェンジをして、迫力のある攻撃にリズムを生んでいた。古巣対決に期待が掛かる石原直樹選手は、前線で孤立してしまうシーンが目立ち、下がって守備に追われてしまっていた。

IMG_5181

ミシャ監督「全力で闘い、勝ちをもぎ取りたい」

練習後、ミシャ監督は、ピッチでズラタン選手と話し、李選手と興梠選手とはベンチに座って約10分、怪我の状態などを確認していた。前線の3人の組み合わせに、ミシャ監督は頭を悩ましそうだ。ミシャ監督は「李と興梠は、怪我明けで今週からチームに戻って来た。ズラタンを含めて完全ではない。ドクターと本人と話して、状態を見極めたい」と話した。そして「広島は、手強い相手だけでなく、カップ戦を休んでコンディションも良い。我々はACLに行って、3週間半で7試合だ」とコンディションの違いを口にしたが「とにかく、目の前の相手を倒すことだ。3節であれ、10節であれ、17節であれ首位でいたい。全力で闘い、勝ちをもぎ取りたい」と開幕ダッシュで首位固めを図りたい。

広島と同じフォーメーションだけに、マッチアップした選手には負けたくない。強い気持ちを持って勝利を目指し、リーグ3連勝を飾りたい。

(残り 0文字/全文: 1096文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ