浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビューレディース編】プレナスなでしこリーグ1部レギュラーシリーズ第1節 vs INAC神戸レオネッサ<乗松、柴田、後藤、猶本、白木、長船コメントあり>(2015/3/28)

連覇目指して開幕から強敵INACに挑む

春の陽気に包まれ三分咲きとなった桜が、22015プレナスなでしこリーグの開幕に花を添えていた。浦和レッズレディースの初戦の相手は、澤穂希選手を筆頭に、海堀あゆみ選手、近賀ゆかり選手、川澄奈穂美選手、高瀬愛実選手、大野忍選手など現役の日本代表や元日本代表が所属しているINAC神戸レオネッサだった。

神戸の先発メンバーの平均年齢は、28.5歳。浦和は、昨シーズンの最年長プレーヤー堂園彩乃選手の引退も伴い、さらに若いチームとなった。また、高卒ルーキーの白木星選手がスタメンで起用され、先発メンバーの平均年齢は21.9歳と若さを武器に、熟練していてなでしこJapanと言ってもよいほどの経験値豊かな神戸に挑んだ。

浦和のキックオフで始まった前半、立ち上がりから神戸にボールをポゼションされて押し込まれる時間が続いたが、前線から激しいプレスが掛かり始めると落ち着きを取り戻し始めた。吉田靖監督の「さがるなぁ!」の声がピッチに響き渡るとチーム全体の士気があがり、前線から連動した激しいプレスに拍車が掛かっていった。

後藤が、先制点を決めるが、もったいない失点

今シーズンから右のサイドバックを務めることとなった乗松瑠華選手は「前からプレスに行こうとやっていたが、立ち上がりに主導権を握られてしまい、相手のリズムになってしまった。千葉合宿で監督から、今年はサイドバックで行くぞっと言われて練習してきました。タッチラインを背にするし、守備では、はまり易かった。サイドで強く行けて、ボールを奪って早く前に行くことが出来たら、また違っていたと思う」と手応えを感じながらも攻撃参加の難しさを口にした。

(残り 1722文字/全文: 2428文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ