浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】桜咲く大原で、松本を意識した細かい練習をこなす(2015/4/2)

IMG_5502

松本山雅戦に向けて只今準備中

春爛漫とお花見日和となった4月2日。大原の練習場の桜も見ごろを迎えた。10時から松本戦に向けてのミーティングが行われた後に、練習が始まった。選手たちからは、春の陽気のような明るい笑顔が零れ、チームの雰囲気が良いことが感じ取れた。

肩を負傷している斉藤翔太選手は、リハビリメニューをこなした。また、流通経済大学との練習試合で左アキレス腱断裂した岩舘直選手は、3月30日に手術を受けた。先週の練習中にボールを顔面で受けた平川忠亮選手は、アップのみ合流となった。平川選手は、両目打撲と診断され、近日中にはゲーム形式の練習に合流できそうだ。更に、昨日の練習中に興梠慎三選手が右足脛を打撲して、大事をとって本日はリハビリメニュー、青木拓矢選手はアップ後に足の違和感を訴えて別メニューで調整を行なった。わき腹を打撲していた武藤雄樹選手と左膝の状態が心配だった宇賀神友弥選手はテーピングをしながらであったが、全てのメニューをこなしていた。

(残り 820文字/全文: 1245文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ