浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】 宇賀神が周りを活かして左サイドを活性化させる<宇賀神、ズラタン、那須、柏木コメントあり>(2015/4/2)

IMG_5401

今日のイチオシ!!「宇賀神友弥選手」

左膝のテーピングが痛々しいが、攻守に渡って上下の動きだけでなく、中に入ったり、周りを生かす動きをしていた宇賀神友弥選手だ!宇賀神選手は「正直、まだ痛いですよ」と言いながらも手応えを感じて笑みが零れた。

「松本は、これでもか?!と思うぐらいロングボールを蹴って来る。徹底されていて嫌だ。自分が、球際や相手に走り勝てば自分たちのゲームになる。前プレスと後ろの意思統一が出来ていないとダメだと思う。前が追っても、後ろの押し上げが無いとセカンドボールも拾えなくなる。コンパクトを意識して行きたい」と話し、「マキ(槙野選手)とはいつもやっているが、トシ(高木選手)はプレースタイルが原口に似ている。シュートも上手い。トシが思って、考えて動いたことを褒めつつ上手く使いたい。ズラ(ズラタン選手)は中でターゲットになってくれるし、移籍して来たズラのゴールが決まったらまた違って来ると思う。1点でも良いから点を獲らせてあげたい」と話した。

練習後には、ズラタン選手にボールを受ける身体の向きやタイミングなどをコミュニケーションを取りながら話していた。周りに気配りが出来る宇賀神選手らしいプレーと話しであった。

(残り 1130文字/全文: 1642文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ