浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】明日、ACL北京戦。ミシャ監督「水が口に漬かっている状況だが、アグレッシブに闘う」<ミシャ監督、那須、マンサーノ監督(北京)、エルトン(北京)コメントあり>(2015/4/7)

ACL予選突破の臨みを掛け、北京を迎え撃つ!

シトシトと冷たい春雨が降りしきる4月7日。浦和は、ACL北京国安戦に向けて試合前日練習を埼玉スタジアムで行なった。

大会のレギュレーションでは、最低15分間の練習公開が義務付けられている。ブリスベン戦の前日練習は規約の15分間のみ公開であったが、今回はペトロビッチ監督は全ての練習を公開した。

脛を打撲して戦線離脱している興梠慎三選手は間に合わず。更に、Jリーグ松本戦にフル出場をしたズラタン選手と左膝がまだ完治していない宇賀神友弥選手は、大原の練習場でコンディション調整をしていた。

軽いアップを埼玉スタジアムの第3グランドで約30分行なったのちに、選手たちは埼玉スタジアムのピッチに姿を現した。

ハーフコートのミニゲームは、ビブ組はGK西川、DF槙野、永田、森脇、MF橋本、青木、柏、平川、武藤、石原、FW李。そしてビブなし組はGK大谷・福島、DF茂木、那須、加賀、岡本、MF関根、阿部、鈴木、小島、梅崎、FW高木で、ビブなし組は北京のフォーメーションを意識して4DFであった。

(残り 1391文字/全文: 1850文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ