浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】「後半のようなアグレッシブな闘いを今後の試合にも生かしていきたい」2015AFCチャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節・北京国安戦<柏木、平川、石原、槙野、那須、武藤、李、ミシャ監督コメントあり>(2015/4/9)

序盤は北京にゲームを支配される。柏木「前半、相手が前に出て来て戸惑った所もあった。」

真冬の寒さに逆戻りした4月8日。実に5年ぶりとなる4月の雪にさいたま市は、早朝から見舞われた。雪はやがて雨に変わり、キックオフ前には止んだものの、選手たちの白い息が寒さを物語っていた。

ACL3連敗と予選突破の崖っぷちに立たされている浦和は、ACL3連勝中と波に乗る北京国安をホームに迎えての対戦となった。Jリーグ松本戦から中3日、次節の川崎戦も中3日で控えていることを考慮しながら浦和は、キャプテン阿部勇樹選手をベンチスタートし柏木陽介選手がキャプテンマークを付けた。

柏木選手は「浦和のキャプテンマークをつけることは、特別なことだ。つけさせてもらう喜びと責任を持ってプレーした」と試合後に話した。

(残り 2728文字/全文: 3068文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ