浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】試合勘が大切だと実感させられた。勝利なく予選敗退が決定。ACLグループリーグ第5節vs水原現代<柏木、西川、鈴木、平川、槙野、高木、ズラタンコメントあり>(2015/4/22)

今日のポイント!!

選手にとって試合勘とは、本当に大切なものだと実感させられた前半であった。普段の練習では、ハーフコートのミニゲームをおこなっていて試合勘は養われているが、フルコートになると選手同志の距離間も違ってしまう。ハーフコートと同じぐらいのコンパクトな距離間で、フルコートでも出来れば良いが、難しい。

また、試合に常に出場している選手は、闘う、走れる身体が、試合出場によって出来ている。槙野選手や柏木選手が試合後に話した「コンディションの差があった」「難しい」と言うのも理解出来る。ならば、普段の試合から、ゲームの流れをよんで交代枠を上手く使いながら、また一気にターンオーバーするのではなく、選手のローテーションを上手く使って欲しいと思う前半であった。

ACLアウェーのブリスベン戦は、残念なことに消化試合になってしまった。ならば、気持ちを切り替えて、茂木力也選手や岡本拓也選手、小島秀人選手、大谷幸輝選手たちに経験を積ます試合にして欲しいと願ってしまう。

柏木「立ち上がりは悪くなかったが・・・」

ACLグループリーグ予選突破は、他力本願となった浦和だが、他力の前に目の前の水原戦に無失点か2点差以上で勝利あるのみ。決死の覚悟で挑んだ4月21日水原戦は、Jリーグ横浜FM戦から中2日とあって、西川周作選手と槙野智章選手、そして柏木陽介選手意外のメンバーを大幅に入れ替えた。

水原は、試合の立ち上がり4-1-4-1としっかりブロックを形成してきた。11分、李忠成選手の落としを槙野智章選手がドリブルシュートを狙うも、相手GKに阻まれて先制点を奪うことが出来なかった。そこから、徐々に水原がパスを繋ぎ主導権を握り始めた。キム・ウンソン選手が柏木陽介選手にマンマークで張りつき、浦和の攻撃の起点を消しにかかった。

柏木選手は「立ち上がり、10分間は試合の流れが悪くなかったが、ミスが多くなってしまった。後ろ3枚でボールを回す時に、ボランチ2枚も下がり気味になってしまい中盤が空いてしまった。相手の6番が、マンマークで来ていたから、自分が下がって貰っても厳しく、ボールを当てないで欲しいと言っていた」と話した。

(残り 1926文字/全文: 2825文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ