浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】ヨーロッパチャンピオンリーグ・バイエルン対ポルトの試合を見て、バイエルンの動きを重ね合わせて比較する(2015/4/24)

IMG_6009

ACL敗退から切り替えて、リーグで結果を出す!

不甲斐ないACLのグループリーグ予選とは違い、好調な滑り出しをみせたJリーグ。前節、横浜FMに2対1と逆転勝利した好調な波を、次節の名古屋戦に繋げたい。

浦和は、ACLグループリーグ予選敗退のショックから気持ちを切り替えて4月24日、名古屋戦に向けての試合前日練習が行われた。午前中は、初夏を思わすような好天気も、浦和の練習が始まった午後3時ごろからは、薄曇りとなってしまった。練習場には、予選敗退のショックを払拭するかのように、選手たちの笑い声が響いていた。

名古屋戦を復活の目標にしていた興梠慎三選手であったが、ゲーム形式の練習には合流出来ずアップのみの参加となった。斉藤翔太選手と茂木力也選手は、天野コーチの下で早いパス回しを意識した練習に取り組んでいた。

(残り 1192文字/全文: 1544文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ