浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビューレディース編】若いチームが2点のビハインドを追いつき同点で終える。2015プレナスなでしこリーグ1部 レギュラーシリーズ第5節 vsベガルタ仙台レディース<吉良、後藤、北川、吉田監督コメントあり>(2015/4/26)

今日のワンポイント

浦和のチーム先発平均年齢は、20.7歳と若い。チームが波に乗ると、若さが爆発して溌溂とプレーが出来る。だが、ほんのちょっとしたことで失点をすると、自信をなくして弱気になってしまう選手や何とかしないといけないと空回りしてしまう選手がいる。若さ故のことである。先制点を許して、チームのバランスが崩れてしまった。

吉田監督は「0-2から追い付いたのは良かった。だが、1失点で押さえていれば、逆転が可能だった。メンタルの弱さだ」と厳しい表情で話した。経験豊富なベテラン選手がいれば、ピッチの中で精神的な核となりチームを支えてくれる。だが、浦和にはいない。「出来るだけ前を向かせて試合に臨ませる投げかけをしていきたい。引き分けたことを、何としてでも次の勝利に繋げたい。他のチームには、宮間や石清水などベテランがいる。後藤や高畑も経験を積めばリーダーシップがとれるし、強くなれる」と吉田監督は選手に経験を積ませながらメンタル面の強化を図る。浦和には、若くてポテンシャルの高い選手が揃っている。そこに、メンタル的な強さが加われば、チームは再び日本一に輝くであろう。

(残り 2600文字/全文: 3083文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ