浦和フットボール通信

MENU

ハイライト動画付き【河合貴子の試合レビュー】守備を固める甲府を攻略。梅崎「冷静にゴールを狙っていた」Jリーグ1stステージ第8節vsヴァンフォーレ甲府<柏木、武藤、梅崎、高木、関根、ズラタン、西川、ミシャ監督コメントあり>(2015/4/30)

今日のポイント!

退いた相手を崩すのは、本当に難しい。ミシャ監督が試合後に話していたように、前半に数的優位を作る動きや効果的な縦パスは必要であった。しかし、それは冷静な判断と勇気が無ければ出来ない。ピッチの中で、イライラが募る選手たちを声で落ち着かせていたのは柏木選手だ。柏木選手は「前半の甲府の守備は、良かった。両チームとも前半と後半では別のチームになっていた。前半に我慢した分、後半になって自分たちのペースになったと思う」と話した。そして、険しい表情で「ガンバの2トップは強烈だ。今日のようなカウンターを喰らったら、確実に決めてくる。2人で攻める繋ぎは上手い。リスクマネジメントをちゃんとしないといけない。今日は、良いシミレーションになった」と試合直後には、甲府戦での反省点を活かしてG大阪戦をイメージしていた。開幕当初と比べて、ボランチも板に付いて来た。柏木選手が、チームの舵取りをしっかりとして、勝利へとチームを導いてくれた。

(残り 2918文字/全文: 3334文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ