浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】「マジにJ1で闘えると思う」興梠、李の2トップが素晴らしい動きを見せる。<興梠、西川、ズラタンコメントあり>(2015/5/9)

IMG_6494

今日のイチオシ!!「興梠、李の2トップ」

ビブなし組の興梠慎三選手と李忠成選手の2トップに動きは素晴らしいものがあった。ミシャ体制になり、3-4-2-1のシステムを貫いてきたが、充分J1で4-4-2でも闘えると思うほどであった。試合の相手や流れによっても、選手たちはシステム変更に対応出来る判断力とスキルを身に付けていると思えた。特に、ゴールに向かう動きが良かったのは、李忠成選手であった。攻撃の起点になり、また自らもゴールを狙う。今日のミニゲームのラストゴールを決めた李選手のシュートは、何と表現してよいか分からないほど凄いシュートであった。斜め後方から来たボールに対して、相手DFからボールを隠すように身体を入れて、ターンしながら足を振り抜いたワンダフルゴールであった。

ビブなし組で李選手とツートップを組んだ興梠慎三選手は「ブリスベン戦に出場出来たのが良かった。コンディションがどんどんと上がって来ている。監督とも話したが、FC東京戦からと言っていたが、仙台戦は試合の状況によるが途中出場があるかも・・・。蹴る、止めるの感覚は鈍ってないから、あとは体力がどれだけ持つかだ。まぁ~点を取ります!」と意気込んだ。そして「サブ組は、オーストラリアで良いプレーをして自信がついた。ブリスベン戦のメンバーは試合に出ているから楽しく出来た。このメンバーでもマジにJ1で闘えると思う。誰が、試合に出場しても良いよ」とビブなし組が好調だったのが嬉しかったようだ。

(残り 513文字/全文: 1137文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ