浦和フットボール通信

MENU

ハイライト動画付き【河合貴子の試合レビュー】「万全のFC東京対策で首位攻防戦を完勝!11戦負けなし」Jリーグ1stステージ第12節vsFC東京<阿部、李、興梠、宇賀神、関根、槙野、武藤、西川、那須、梅崎コメントあり>(2015/5/17)

今日のポイント!!「トレーニングの成果」

試合の入り方も良かった。流れの中からの得点も良かった。相手のフォーメーションが変わっても対応出来た。宇賀神選手が「FC東京は試合の中でころころシステムをチェンジする。5分刻みでシステムを変えて来る情報があった。嵌らなくなったら、焦らずに嵌めて行こうと思った」と話していた。練習のミニゲームでもシステムチェンジの対応策にも取り組んでいた。また、通常の練習のCKは高木選手が蹴っていたが、太田選手の左足を想定して、CKは橋本和選手が蹴っていた。精度が高い太田選手からのクロスで決められた1失点は、太田選手をフリーにしてしまった反省点はあるが、セットプレーからの失点が無かったことは、勝利を引き寄せた要因のひとつでもある。

阿部選手が「トレーニングでやってきたことが改めて確認出来た。試合に向けての準備が、どれだけ大事であるか!?」と練習の大切さを口にした。全てにおいて、練習が活かされた勝利であった。

(残り 2980文字/全文: 3397文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ