浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】宿敵・鹿島を撃破して、首位をガッチリキープ。武藤の攻守に渡り惜しみない運動量が勝利に導いた。<武藤、柏木、興梠、ズラタン、関根、森脇、ミシャ監督コメントあり>(2015/5/24)

今日のポイント!!

チームで一番走行距離が長かったのは、11.59キロの関根貴大選手であった。しかし、10.87キロの走行距離を見せた武藤雄樹選手の攻守に渡る質の高いランニングは、頼もしさがあった。武藤選手が決めた同点ゴールのシーンもそうであるが、決勝点となった関根選手のゴールシーンも武藤選手の追い込みから守備のスイッチが入り、柏木選手がボールを奪い展開することが出来た。

試合後、武藤選手は「今日は、守備に追われてしんどかった。守備に対しての運動量は多かったが、攻撃は裏を取るのか迷いがあって効果的な動きが出来なかった」と話していたが、労を惜しまない男の汗は報われるものだ。武藤選手の攻守に渡り惜しみないフリーランニングがチームを勝利へと導いた。

(残り 3428文字/全文: 3751文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ