浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】松本山雅戦との練習試合は2-1で勝利。(2015/5/24)

IMG_6966

前半は主導権を握り、我慢の展開

昨夜の鹿島戦の逆転勝利の余韻が残る中、晴れ渡る青空の下、5月24日午後12時45分キックオフで松本山雅と練習試合が行われた。

浦和は、鹿島戦にスタメンで出場したメンバーはクールダウンのため、GK大谷、DF岡本、永田、小島(茂木)、MF橋本、鈴木、青木、平川、高木、梅崎、FWズラタン(小島)が練習試合に参加した。

松本は、ズラタン選手に塩沢勝吾選手をマンマークに付けて、しっかりとした固い守備からカウンターを狙って来た。前線に置いたブラジル出身のドリバ選手は、身体能力が高く柔らかいボールタッチから強烈なシュートを狙って来た。ボールの失い方が悪く、相手のカウンターからドリバ選手に気を取られていると、12分には左バイタルエリアを椎名伸志選手にドリブル突破を許すとそのマイナスの折り返しに荒田智之選手が合わせて決定的なシュートを撃たれた。

しかし、大谷幸輝選手がナイスセーブしてゴールをしっかりと死守した。浦和は、松本のカウンターの脅威に晒されながらも、DFラインを高く保ち全体をコンパクトにして、主導権を握り我慢強くゲームを運んでいった。

21分には高木俊幸選手が直接狙ったFKは僅かに外れ、観戦に訪れたファン・サポーターからため息が零れた。松本の集中した固い守備に手を焼きながらも、永田充選手が後方から積極的に持ちあがったり、ストッパーの岡本拓也選手や小島秀人選手もバランスを取りながらも攻撃参加する姿勢が見られた。

前半の終盤に差し掛かると鈴木啓太選手が「もうちょっと行こうよ!」と声を上げて、平川忠亮選手も「行こう!行こう!」と檄を飛ばしていた。そして、41分には橋本和選手からゴール中央手前のズラタン選手にパスが通ると、タイミング良く走り込んで来た梅崎司選手に流して決定的なシーンを作るも、梅崎選手のシュートはゴール左へと僅かに逸れてしまった。松本のカウンターをリスクマネジメントしながらも積極的に攻めるも崩せずに、前半は0-0の引き分けで折り返した。

(残り 731文字/全文: 1571文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ