浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】森脇が練習離脱。岡本がスリーバックの一角を務める<ミシャ監督コメントあり>(2015/6/6)

IMG_7380

気負わずに、いつも通りの浦和で清水戦に挑む

一雨ごとに新緑が深緑へと変わって行く6月6日。昨日、降り続いた雨も止み爽やかな青空の下で清水戦に向けた前日練習が午前10時から1時間ほど行なわれた。

前節の柏戦で、負傷したズラタンは左足首捻挫で戦線離脱。ちなみズラタ選手はスロベニア代表を辞退することとなってしまった。森脇良太選手も左ハムストリングに違和感を訴えて、昨日より室内調整に切り替えた。長期離脱を余儀なくされている石原直樹選手や岩舘直選手、そしてベテラン平川忠亮選手も右足ハムストリングの軽い肉離れと怪我人が続出。茂木力也選手はU22に召集されて不在となり、恒例のミニゲームではメンバーが足らず、天野コーチが代わりを務める緊急事態になった。しかし、チームの総力で清水戦に挑む構えを見せた。

ミニゲームが始まる前に那須大亮選手と槙野智章選手が、別メニュー調整をしている森脇選手に代わって入る岡本拓也選手を呼び3選手で確認事項などを含めた話し合いが行われていた。

(残り 1332文字/全文: 1760文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ