浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の大原なう】初先発の岡本「森脇さんがいないから、負けたとか言われるのが嫌だった。」Jリーグ1stステージ第15節vs清水エスパルス<岡本、李、柏木、興梠、青木、阿部コメントあり>(2015/6/8)

今日のポイント!「初先発で勝利に貢献、岡本拓也選手」

もちろん、チームを勝利に導いた興梠慎三選手の値千金のゴールは、素晴らしいものであった。相手DFがいる中でこぼれ球を拾い、難しい体勢から良くゴールを決めたと思う。
しかし、ACLブリスベン戦(5月5日アゥエー)に初スタメンで起用され、清水戦で公式戦出場が2試合目である岡本拓也選手だ。

「森脇さんがいないから、負けたとか言われるのが嫌だった。この場面で監督が使ってくれた。監督のためにも勝ちたかった」と岡本選手は話した。試合勘の問題がある中、持ち味である対人の強さや危機察知で守備面においてチームに良く貢献していたと思う。

岡本選手と対峙する清水の左サイドには長身のミッチェル・デューク選手が厄介な存在でいた。関根貴大選手とミッチェル・デューク選手の身長差は10㎝もあった。関根選手は身長さを物とも言わずに果敢に競り、プレーを遅らせるファーストディフェンスをし、セカンドディフェンスを岡本選手が行く連動が良かった。

岡本選手は嬉しそうに「関根が頑張ってくれました」と話していたが、本当に2人とも良く頑張って守備をしていた。やはり、浦和ユース出身の選手の活躍は嬉しいものがある。今日のポイントとして、相手のストロングポイントであるミッチェル・デューク選手の左サイドを押さえたことをあげたい。

(残り 3626文字/全文: 4191文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ