浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】レッズレディースリーグ再開に向けて調整を重ねる<吉田監督コメントあり>(2015/6/12)

RT2_6627-(C)RimakoTakeuchi

なでしこリーグ再開に向けて

梅雨入りして、じめじめと蒸し暑さを感じる6月11日。レッズランドには涼しげな爽やかな風が吹いていた。レッズレディースの選手たちは、ワールドカップで中断中のなでしこリーグ再開に向けて準備に余念がない。今回の日本女子代表メンバーに残念ながらレッズレディースの選手は、ひとりもいない。そんな、悔しさをぶつけるように、選手たちはひたすら走り汗をかいていた。

夕闇せまるレッズランドの照明塔に灯りがともり始めると、若手を中心にゴールを運んだり、ボールに空気を入れたり練習の準備が始まった。そして、各自が自分のリズムでランニングやストレッチを織り交ぜながらアップを行ない、吉田靖監督の「集まろう!」と言う掛け声で18時から練習が始まった。

まずはじめは4人一組となり、パス&ゴーを繰り返し、ヘディングやロングボールなどの基本練習を行なった。その後、緑ビブ(清家・乗松・猶本・和田・南)ビブなし赤1(吉良・柴田・臼井・岸川・高畑)ビブなし赤2(長野・白木・栗島・石井・千葉)青ビブ(ユース5選手)と4グループに分かれて、5vs5のミニゲームが行なわれた。

ちなみに、加藤千佳選手は教育実習で不在、長期離脱中の長船加奈選手は、ひとり別メニュー、後藤三知選手は部分合流であった。

(残り 1509文字/全文: 2049文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ