浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】神戸戦に向けて貴重な川崎との練習試合は2-2の引き分け(2015/6/13)

IMG_7547

川崎フロンターレとの練習試合

とにかく暑かった。空気が肌にじめじめと纏わり着く、梅雨の合間の独特な暑さであった。さらに、試合前にピッチに撒かれた水が、蒸し暑さに拍車をかけて選手たちの体力を奪っていた。

6月13日午後1時から川崎との練習試合と埼玉大学との20分×2本のゲーム形式練習が行われた。長期離脱の岩舘直選手と石原直樹選手は、ゆっくりとウォーキングのリハビリし、足に張りがある宇賀神友弥選手と興梠慎三選手、森脇良太選手は無理せずに来週に向けて別メニューの調整を行なっていた。

高木の切れの良いドリブルからのシュートで先制

川崎と練習試合のスターティングイレブンは、GK大谷、DF橋本、那須、阿部、MF高木、青木、柏木、関根 武藤、梅崎、FW李であった。一方、川崎も中村憲吾選手やレナト選手などキーマンが不在だった。試合は立ち上がりから、川崎に小気味よいショートパスを回されるが、浦和のしつこい守備から攻守の切り替え早く浦和が主導権を握り始めた。川崎は両ワイドの選手が下がり5DFにしてしっかりとセットして来た。

(残り 1869文字/全文: 2322文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ