浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】恒例のシャトルランでは、”大原の帝王”関根に那須が競り勝つ!?(2015/6/23)

IMG_7812

気持ち切り替えて、新潟戦に向けての準備が始まった。

1stステージ制覇を果たした翌日は、湘南との練習試合が行われ、試合出場選手はクールダウンを行なった。そして、オフ明けとなった6月23日、青空が見え隠れする蒸し暑い中でオフ明けのトレーニングが午前10時から行なわれた。

長期離脱をしている石原直樹選手と岩舘直選手はリハビリメニューをこなし、青木拓矢選手は湘南との練習試合で右足首を捻挫し、経過を見ながら週末に向けて別メニューとなった。

フットサルコートでは、オフ明けに必ず行なわれている通称ザキトレの体幹トレーニングが野崎アスレチックトレーナーの下で始まった。お馴染のメニューであるが、選手たちはひとつひとつの動作を確認しながら丁寧に取り組んでいた。メニューの合間には、リラックスした笑みもこぼれていた。ゴールのバーを掴み、身体を斜めにして腕の屈伸では支えていた腕が痛かったのか「痛て!」と那須大亮選手から声が上がっていた。武藤雄樹選手や橋本和選手など浦和に新加入してきた選手たちも、半年を過ぎると、当初と比べてスムーズにザキトレをこなしていた印象を受けた。

(残り 683文字/全文: 1159文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ