浦和フットボール通信

MENU

【レッズはなぜ優勝できたのか/河野正】仙台でも背番号19だった武藤は、浦和での19番のほうがはるかに光り輝いている(2015/6/29)

KAZ_6040
第16節の神戸戦で1試合を残して第1ステージ優勝を決めていた浦和が、新潟との最終戦にも大勝し、開幕から無敗のまま前半戦を締めくくった。1993年から11シーズンにわたって22度開催されたステージでの無敗チームは初めてだ。今季は2004年以来、11年ぶりに2ステージ制が導入された。

現行の18チームによる2ステージ制は98年に1度だけ実施され、第2ステージを制した鹿島の戦績は15勝2敗で、第1ステージ優勝の磐田は13勝4敗だった。16チームの時代だと、磐田が2度、鹿島と横浜FMが1度ずつ1敗でステージ優勝を果たしている。往時、隆盛を誇ったこれらのチームと比較してみても、浦和の12勝5分け0敗はJリーグ史に残る出色の数字と言える。

今季は11人が新たに加入した。岡本拓也、小島秀仁、大谷幸輝が期限付き移籍先から復帰し、斎藤翔太と茂木力也が浦和ユースから昇格。さらに石原直樹、ズラタンら他クラブからの完全移籍組が6人という顔触れだ。9年ぶりのJリーグ王者奪還に加え、2年ぶりに出場したアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)での上位進出を目指して大量補強を敢行した。

(残り 1384文字/全文: 1865文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ