浦和フットボール通信

MENU

【レッズはなぜ優勝できたのか/豊田充穂】「レッズ優勝」をめぐる楽観、悲観、そして傍観。(2015/7/1)

komaba

6月7日、清水戦。

レッズ史に刻まれた痛恨の無観客試合(2014年3月8日)から1年余。レッズイレブンは同じエスパルスを相手に、同じ「明日のトップ記事扱い」を確信させる大報道陣を前にしてキックオフに臨む。

リーグ優勝がかかったホーム戦。1年前のあの沈黙を帳消しにするゴール裏のコールとか、あの屈辱を跳ね返す超満員のスタンドあたりは当然に期待した。だが、やはり埼玉スタジアムはサポートのアクセルを踏み切れない。バックスタンド上段で聞くゴール裏中心部の声も、かつての“神レベル”の音量をとり戻せない。見上げる二階席には、レッズの大一番なら許されなかったはずの空白・・・・・・と、ここまで思いをめぐらせたところで「いやいや、こういう思いを否定しちゃいかん」と反省した。現状をネガティブに見ていても、それにメゲずにレッズの現場に立ち会っている自分を認めてあげなくてはと、どうにか気分を立て直す。

2シーズン制になろうとも昨季と同様である。「わりきれない思い」を抱かせながらも、われらがレッズは優勝争いをそつなく演じてみせる。スタンドから見守る筆者は同志のサポーター仲間と示しあわせ、ちょっと自虐的なレッテルを自分たちに貼ることでステージ終盤にのぞむモチベーションを維持していた。

「とりあえず今のレッズは勝てばOK! まして優勝なら文句ない。埼スタに通う価値はありでしょ?」 これは楽観論者。

「埼スタの空席が埋まらない。長年のファンがシーチケ手放してる。去年もそうだったけど、優勝争いをしてもこうなる理由はマジで考えるべきでしょ?」 こちらは悲観論者。

(残り 2217文字/全文: 2882文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ