浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】1からリスタート。2ndステージに向けて調整を行う(2015/7/2)

DSC_0061

切り替えて1からのスタート

時折り雨がぱらつく7月2日。1stステージが終わり3日間のオフ明けとなった昨日と同様に今日も体幹中心のフィジカルトレーニングが行なわれた。

体幹2日目の言うこともあり、野崎アスレチックトレーナーの下で行なわれているオフ明けの通称“ザキトレ”もよりハードな内容であった。通常の体幹メニューでは、ミシャ監督は選手ひとり、ひとりに声をかけて選手の状態を確かめていた。そして、2人1組みとなり腹筋や腕立て、バランスボールを使ったメニュー、横ステップ、上下ステップなど11種類のメニューが組まれ、10秒間隔でメニューをこなして行った。1周目は、まだ余裕を見せていた選手たちであったが、2周目になるとさすがにきつそうな表情を浮かべていた。その中でも槙野智章選手が「だいじょうぶかぁ?!」「行こうぜ!」と声を上げて励ましている姿が印象的であった。また、選手たちのスピードが遅くならないように、天野コーチがスピードアップするようにリズミカルに手拍子を打ち「ここからだよ!」と声を掛けていた。

(残り 758文字/全文: 1207文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ