浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】苦しいトレーニングでも笑顔は忘れない西川周作選手<西川、大谷、橋本コメント>(2015/7/2)

DSC_0045

西川「ギシさんが今でも活躍しているのを見ると、尚史さんのトレーニングの成果だと思う」

カメラの前を横切るときに、「ばぁ~!」とおどける余裕を見せたり、始終笑顔だった西川周作選手は「最後のGK練習で足を動かすステップワークがきつかった。29~30歳で足を動かすことで、身体が動くって尚史さんから言われている。それが、試合のセーブに生かされる。細かいステップワークが大事だからね。山形でギシさん(山岸範宏選手)が活躍しているのを見ると、尚史さんのトレーニングの成果だと思う。あの年で身体が動くのは、尚史さんのトレーニングの積み重ねから来ている」と話した。実は、トレーニングに真剣に向き合う姿勢を笑顔で隠していたようだ。

(残り 571文字/全文: 877文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ