浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】ズラタン、興梠の併用を試す。「監督は同時に使いたいと思っているだろう」<興梠、梅崎、武藤、西川コメントあり>(2015/7/5)

DSC_0423

興梠「監督はズラタンと同時に使いたいと思っているだろう」

2ゴール決めた興梠慎三選手は「疲れた~」と芝生に座り込んだ。「怪我をしないように、簡単にやるのがテーマだった。大学生相手は、いつもこうなる。負けなくて良かった」と安堵の表情を浮かべていた。そして「前半は、前線のコンビネーションが良く、良い崩しが出来たと思う。相手は早いプレスを掛けて来たけど、振り抜けたし問題なかった。ズラがワントップで自分がシャドーだと生きないのは、分かっていたが、何処でも良いように練習することは大事だった。ズラと自分が同時に試合に出る機会がないからフィットしなかったけど、上手く行けば監督は使いたいと思う。シャドーの時に、もう少しボールに絡まないといけない。サイドで開いてプレーするよりも、中で崩したい。やりたいプレーが出来なかった。変な所で取られないことを心掛けたけど、湿度できつかった。シャドーは、縦に長い距離を走らないといけないし、ハードワークがまだまだ足りない。自分のポジショニングの問題」とシャドーのオプションでの課題を話していた。

(残り 911文字/全文: 1371文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ