浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】高木「決めたゴールはパーフェクトシュートだった」<高木、鈴木、橋本コメントあり>(2015/7/5)

DSC_0590

高木「ゴールはパーフェクトシュート」

1ゴール1アシストを決めた高木俊幸選手は「大学生相手でも結果は大事だ。得点の期待に応えたいし、逆に得点だけじゃないどんな状況にでも対応出来るようにしたい」と話した。見事なシュートを決めたシーンを「パーフェクトシュート!次、狙っても決まるか分からない。感覚的なものだった」とご満悦。

そして、CKからのアシストシーンを「だいたいの感覚で蹴ったら、橋本が上手く合わせてくれた。その前までCKをニアでひっかけていたから、巻いて見ようと調整した」と高木選手独特の感覚で1ゴール1アシストの結果を生み出していた。だが、浮かれることなく「ピッチに入った中で、お互いの連携が取れるかどうかが、スタメンとの差だ。サブ組みの前線3人には。共通理解が少ない。技術や個のスキルはあるが、意識の問題だ。

サブ組みは、個が目立つタイプだ。ボールを持ってから、どうにかしようという感じで、縦パスが入った瞬間に攻撃のスイッチが入って連携が取れて前線の3人で自分は崩していきたい」と話した。

(残り 595文字/全文: 1040文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ