浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー/レディース編】北川、長野の将来が楽しみな二人の躍動する動きに心を奪われた<長野、和田、清家、後藤、岸川コメントあり>(2015/7/13)

DSC_1515-(C)Rimako TAKEUCHI

今日のイチオシ!!「将来が楽しみな北川選手と長野選手」

今日のイチオシは、リトルなでしこジャパンコンビの北川ひかる選手と長野風花選手だ。ふたりのホットラインは、観ている者たちに希望を与えるものであった。長野選手が後半から起用されると、攻撃にリズムが生まれた。

吉田監督は「長野は良かった。チームの中で、試合の流れの中でプレーが出来る。長野が入って変わった。北川は、力がある。枠へと繋げるし、クロスのキックも良い。将来性を感じる豊かな選手だ」と2人を大絶賛していた。

試合後、長野選手は「前線は押し込んでいるから、自分がピッチに入ったら、ボランチのところからボールを散らして行こうと思った。貴子さんの裏一本もあった。今日は、貴子さんの裏の動き出しを突いて、その空いたスペースに入ってダイレクトプレーを考えていた。簡単に人を使って、ボールも人も動かして後半は、流れが良くなった。ひかるさんの動きは分かり易い」と笑みが零れた。

そして、途中出場に関して「試合が始まっているから、状況を感じて、試合の流れを気をつけている。難しいけど、楽しい!」とあどけない笑顔を見せた。若きレッズレディースの中でも、北川選手は18歳、長野選手は16歳と本当に将来が楽しみな選手だ。2人の躍動する動きに心を奪われた。

 

(残り 1324文字/全文: 1871文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ