浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー/レディース編】2015なでしこリーグ1部レギュラーシリーズ第11節 vsASエルフェン埼玉 (2015/7/18)

RT1_9485-(C)RimakoTakeuchi

ゴール前の精度が課題となったが、埼玉ダービーを勝利

台風11号の影響で降り続いた雨も止み、吹き付ける風が涼を運んでくれた。前節、ジェフ市原・千葉に0-1と惜敗した浦和レッズレディースは、7月17日金曜日(19:04kick off)NACK5スタジアムでASエルフェン埼玉と対戦した。

DSC_4455-(C)RimakoTakeuchi

第10節を終了した段階で、1勝2分け7敗と波に乗れず9位のAS埼玉を相手に取りこぼすわけにはいかない。浦和は、前節の千葉戦で後半から出場し試合の流れを変えた長野風花選手を初スタメンで起用。長身の岸川奈津希選手をボランチからセンターバックへとコンバートした。

DSC_4092-(C)RimakoTakeuchi

また、吉田監督は「平尾は前節の千葉戦のあとに、腰痛が酷くなり休ませた」と話し、代わって池田咲紀子選手がゴールを守った。浦和は、GK池田、DF和田、岸川、高畑、北川、MF柴田、長野、猶本、吉良、FW清家、後藤がスターティングイレブンを飾った。対するASエルフェン埼玉は、高橋沙織選手をワントップにして、2列目を3枚として4-2-3-1の布陣で挑んできた。

(残り 1722文字/全文: 2166文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ