浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー/レディース編】2015なでしこリーグ1部レギュラーシリーズ第12節 vsアルビレックス新潟レディース戦 (2015/7/21)

RT1_2338-(C)Rimako TAKEUCHI

最後の精度に精彩を欠きゴールネットを揺らすことが出来ず、0-1で敗戦

梅雨が明けて、夏の太陽が灼熱の嵐を運んで来た。猛暑日となった7月20日、浦和レッズレディースは、アルビレックス新潟レディースと対戦。前節のASエルフェン埼玉に1-0で勝利を収めた浦和は、勝ち点を14Pに伸ばして5位をキープ。一方の新潟は、湯郷ベルに1-0で敗戦を喫し勝ち点10Pで7位に沈んだ。エキサイティングシリーズ上位グループ進出を目指し、両チーム共に譲れない思いは強い。

RT3_8195-(C)Rimako TAKEUCHI

 

前節から中2日で迎え、しかも猛暑とあって、浦和はスタメンを3選手入れ替えた。GK池田、DF臼井、乗松、高畑、北川、MF柴田、岸川、猶本、加藤、FW後藤、清家がスターティングイレブンとなり、古傷の右膝の痛みで戦線離脱していた乗松瑠華選手にとっては、復帰戦となった。新潟は、中盤の小原由莉愛選手に代えて、斉藤友里選手を起用しただけで前節とほぼ変わらないメンバーで挑んで来た。

RT3_8177-(C)Rimako TAKEUCHI

(残り 1531文字/全文: 1944文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ