浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー/レディース編】今日のイチオシ!!猛暑の中で、一人ダブルヘッダーの長野風花選手「体力的には、大丈夫です。もっとやりたかった」(2015/7/21)

RT1_3283-(C)Rimako TAKEUCHI

今日のイチオシ!!「長野風花選手の身体の強さ」

梅雨明けと同時に、猛暑となった日の17時キックオフの新潟戦。日中よりもほんのわずか気温が下がったとは言え、気温32.6℃、湿度59%と試合を行うには過酷な状況であった。

上下運動量が豊富な北川ひかる選手が、熱中症で倒れてしまった。そんな過酷な状況下で、長野風花選手の身体の強さは凄い。関東女子サッカーリーグ、東京国際大学戦に浦和レッズレディースユースの選手として途中出場で約24分プレーして、更に新潟戦に途中出場で13分+アディショナルタイム4分の17分プレーを行なった。

東京国際大学戦は、13時キックオフと一番熱い時間帯であった。全体のプレー時間は短いが、暑さの中で求められるプレーも違う2試合に関わる体力とメンタルの強さは、素晴らしい。

(残り 265文字/全文: 607文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ