浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】西川が練習中に接触。大事をとって練習途中離脱。「明日の試合出場は状況をみて判断する」<ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/7/28)

DSC_0236

2ndステージ、浮上のきっかけを掴む

西日が傾き、練習場のピッチに照明塔の長い影が映し出された午後4時半、甲府戦に向けての試合前日練習が始まった。練習が始まる前にミーティングが行なわれていたが、それだけでは伝えきれなかったのか、ミシャ監督は柏木陽介選手を呼んで話をしていた。日差しが和らいだとは言え、34℃の暑さの中でアップが始まった。アップ終了後は、茂木力也選手と斉藤翔太選手は天野コーチの下で課題に取り組み、石原直樹選手はピッチをゆっくりとランニングとウォーキングを行なっていた。

(残り 1550文字/全文: 1791文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ