浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】「相手は浦和との戦い方を研究してきている」Jリーグ2ndステージ第5節vs甲府<柏木、高木、西川、岡本、那須、武藤、興梠コメントあり>(2015/7/30)

今日のポイント!!

甲府は、堅守でゴール前を固めて、負けない戦い方をしてきた。そして、カウンターを虎視眈々と狙い、見事にモノした。甲府のフットボールが良いかと聞かれたら、正直なところつまらない。だが、浦和を相手に勝ち点を獲るには、捨て身の守備からのカウンターしかないのだ。

柏木陽介選手は「思うようにいかなかった。内容は悪くなかった」と言った。確かに、内容は悪くなかった。内容が悪くないが、勝ち切れない。高木俊幸選手は「前半の崩しが、後半は継続出来なかった。後半は、崩しが少なかった。退いた相手に遠目からのシュートやダイレクトに叩いてのコンビネーションプレーも良いが、突破の仕掛けやドリブルが必要だった」と話していた。

後半、同点になってから焦りが選手たちにあり、また暑さと疲れからプレーが雑になったり、判断力が低下してしまったように感じた。それこそ、相手の思うツボだった。

西川周作選手は「2ndに入って対戦した相手の戦い方が似ている。浦和にボールを持たせて、カウンターを狙う。自分たちがボールを持っている時に、攻から守に変わり、もったいない失点をしている。相手は浦和との戦い方を研究してきている」と話した。決定機を活かせずに、甲府のゲームプランにハマってしまったことは否めない。

攻めても、攻めても、決まらずに引き分けとなった甲府戦

(残り 3416文字/全文: 3979文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ