浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】明日のナビスコカップ準々決勝・新潟戦に向けて、梅崎が好調を維持!<ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/9/1)

TAK_1085

ナビスコカップ準々決勝、初戦となる新潟戦に向けて

リーグ戦の横浜FMに0-4と大敗を喫した後、中3日でナビスコカップ準々決勝が開催される。ACL出場にともない、ナビスコカップ準々決勝からの参戦となった浦和レッズの初戦は、初の4強進出を狙うアルビレックス新潟とアウェイで闘う。

秋の気配が深まる小雨模様の9月1日、新潟戦に向けて試合前日練習が行なわれた。日本代表の興梠慎三と西川周作、スロベニア代表のズラタン選手は不在。また、右足内転筋損傷で日本代表を離脱した槙野智章は、リーグ戦の再開に向けて室内でリハビリメニューに取り組み、石原直樹と岩舘直は長期離脱中と浦和にとっては、連戦の中でナビスコカップを闘うには台所事情が厳しそうだ。

それでも選手たちはナビスコカップに向けて闘志を燃やしていた。アップ中に杉浦コーチからビブが配られると、選手たちの表情が引き締まった。

(残り 1216文字/全文: 1594文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ