浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】柏木「気持ちをこめた試合を見せる!」ナビ準々決勝第2戦に向けて選手達が意気込みを語る<柏木、平川、梅崎、青木コメントあり>(2015/9/4)

TAK_1197

柏木「気持ちをこめた試合をしたい」

練習後、開口一番に「6点獲りますから!!」と話したのは、柏木陽介選手であった。「点を獲らないと負けだからね。相手は、ベタ退きじゃなく、いつも通りにハーフまで下がってプレッシングを掛けてくると思う。自分たちが退いたところで、相手は出て来ないから時間の無駄になる。バスケットのフルコートのようなマンツーマンの守備をするような気がする。前回は、正直なところ守備も嵌らない、攻撃もプレスを相手が掛けた穴も付けない、2失点目してから、パスを打ち込んで奪われてカウンターだった」とアウェイの新潟戦を振り返りながら話した。

(残り 1098文字/全文: 1369文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ