浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】」目をギラギラさせる興梠「1点獲れれば次も獲れる」<武藤、興梠、森脇コメントあり>(2015/9/18)

TAK_1982

興梠「1点獲れば次も獲れる」

ゴールを狙っているのは、武藤選手だけではなかった。「チャンスは一杯ある。あともう少しだ。1点獲ったら、次も獲れる。慌てずにやる」と話しながらも目をギラギラさせていたのは、興梠慎三選手であった。槙野智章選手の出場停止を受けて「誰が出ても、変わらないのが浦和の強味。清水は、ハードワークして来るチームだ。走り負けないで、うちのサッカーをやれれば、負ける相手ではない」と自信を覗かせた。「前からの守備が嵌れば、良い攻撃が出来る。清水にシュートを1本も撃たさない!前からプレスを掛けていく」と話した。

TAK_1897

武藤「今回は決めたい!」

(残り 816文字/全文: 1088文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ