浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】Jリーグ2ndステージ第12節vs鹿島アントラーズ<西川、梅崎、高木、宇賀神、興梠、青木、武藤、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/9/27)

今日のポイント!!「鹿島の27本のシュートを防いだ西川周作選手」

鹿島に試合の立ち上がりに先制点を許したとは言え、西川周作選手の気迫が溢れるプレーが鹿島に追加点を与えなかった。浦和が放ったシュートは、前半は3本、後半は7本であった。それに対し鹿島は、前半は12本、後半は15本であった。

枠外シュートもあったが、実に27本ものシュートを鹿島に撃たれた。それを1失点で凌げたのは、西川選手のファインセーブがあったからだ。前半20分のダヴィ選手のシュート、前半終了間際の金崎選手のシュートの大ピンチを西川選手が止めた。

「ダヴィ選手のシュートは、間合いを詰めて、股だけは抜かれないように足を閉じた。夢生のシュートは、ニアよりに立ってシュートコースを消させてファーに撃たせて、整理が出来ていた」と西川選手は冷静に対処していた。

「えっ!27本もシュート撃たれたんですか?!そんなに撃たれた気がしない。相手のシュートミスをみんなが誘ってくれたと思う」と驚いた。そして「無に(無心)なっていた部分もあり、頭を整理出来た中で止めたシュートもあった。みんなが、ハードワークしてくれているのを後ろから見て感じていたので、応えたいと必死だった。でも、凄い雰囲気の中でやれて楽しめた」と笑顔を見せた。

そして、西川選手は「鹿島は、上位にいるチーム。チーム力が、本当に強い。勝ったことに自信が付く。ここから5試合、昨年の経験を生かして失速せずに上がっていきたい」と話した。

浦和の守護神、西川選手が鹿島の前に大きく立ちはだかった。ピンチもあったが、ゴールを死守した西川選手の笑顔は最高であった。西川選手は、勝利と共に大きな自信も手に入れたようだ。2nd優勝を虎視眈々と狙いつつ、年間首位の座をガッチリとキープしていく。

激闘を征し、鹿島の夜空に浦和の歓喜の歌声が響いた

(残り 4009文字/全文: 4775文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ