浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】大谷「ゲームが出来たのは良かった」<大谷、斎藤、茂木、加賀、福島コメントあり>(2015/9/27)

TAK_2461

大谷「ゲームが出来たのは良かった」

大谷幸輝選手は「チームの後ろから繋ぐ部分を意識して、失点をしないように心掛けて試合に入った。でも、早い時間帯にやられ、ラストも・・・」と悔しさを滲ませた。「DFラインの押し上げを最初は上手く行っていたが、疲れが出て悪くなってしまった。無理なら無理でFWから行かせたりして上手く出来たら良かったと思う。前半は、ペナ付近でプレスを掛けられてやられた。2枚DFが行って撃たれたりしてしまった。前線でボールの収まりがチュン君だけで、チュン君以外は違うポジションなので前に収まらずにきつかった。僕のところからの縦パスを取られるシーンもあった。正確にやらないといけない」と反省していた。大谷選手は「大きなコートでゲームが出来たのは、良かった」と話し、今日の練習試合で明らかになった課題にこれから取り組んで行く。

(残り 1359文字/全文: 1725文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ