浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】アスルクラロ沼津との練習試合(2015/10/10)

TAK_3059

アスルクラロ沼津と変則的な練習試合

秋の深まりを感じる肌寒く、曇り空となった10月10日。午前11時より、30分×3本と20分×1本の変則的なトレーニングマッチが行なわれた。

J3入りを目指している沼津は、元磐田の監督やアテネ五輪の監督を就任していた山本昌邦さんが会長を務めている。視察に訪れた山本氏は「浦和と試合が出来るなんて光栄だよ。ゴン(中山選手)も来ているけど、膝の状態が良くないので今日は出場しないんだよ。本人はやりたいみたいだけど、膝に水が溜まりやすいからね」と中山雅史選手の状態を気にしていた。試合前には、那須大亮選手が、中山選手や山本氏と旧交を温めている姿があった。

TAK_3016

腰痛で離脱している李忠成選手は、試合前にリハビリメニューをこなし「ぎっくり腰だよ」と照れながら話し「朝、起きたら動けなくなっていて本当にビックリした」と苦笑いしていた。石原直樹選手もゆっくりとリハビリメニューをこなしていた。また、斎藤翔太選手は、U22選抜メンバーとして11日に鳥取と対戦するために不在であった。

(残り 2398文字/全文: 2843文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ