浦和フットボール通信

MENU

【無料記事/河合貴子の大原なう】長期離脱からの実戦復帰、岩舘選手「楽しかった」<岩舘コメントあり>(2015/10/10)

TAK_3352

今日のイチオシ!!「長期離脱からの実戦復帰、岩館選手」

今日のイチオシは、岩舘直選手だ!!今シーズン、3月28日に行われた流通経済大学との練習試合で左足アキレス腱を断裂し長期離脱していた岩舘選手が、20分だけであったが4本目の沼津との練習試合でゴールを守った。

今週の水曜日からゲーム形式の練習に参加していた岩舘選手であったが、実戦となると格別なものがある。試合後、岩舘選手は開口一番に「楽しかった」とピッチに立てる嬉しさを噛みしめ「一番は出来るか、闘えるか不安だったけど、サッカーを楽しむことから始めてゲームに入った。ゲームの中の空気感に入り込まないといけない。冷静に状況と間合いの判断は、半年間抜けたのは大きい。でも、やらないと戻って来ないし、やりながら戻していく」と話した。そして、悔しそうに「早めにロングスローが入って、中がバタバタしてニアーで逸らされて、中で合わせられてしまった。チームとして準備が出来ていなかった。自分が注意を促し、積極的にプレーをすれば防げた失点だった」と失点シーンを振り返った。

「こんなことを話せるのは、ピッチの端っこでトレーニングしてたら話せないよね」と笑った。「ポゼションが増える中で、2~3個先が見えていたら、もっとゲームらしくなったと思う。近いところしか見えていなかった。フィールドプレーヤーに負担を掛けた。広い視野で見て、ボールを出していきたい」と意欲を見せた。短い時間ではあるが、ゴールマウスに立てたことに喜びを感じっていた。これから、少しづつ、多くことを実戦形式で取り戻していく第1歩となった。

コメントを残す

ページ先頭へ