浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】なでしこリーグ エキサイティングシリーズ上位リーグ 第2節 vs 日テレ・ベレーザ(2015/10/18)

首位の日テレ・ベレーザに我慢強く逆転勝ち!

大空にポッカリと羊雲が浮かび、穏やかな日曜日の午後となった10月18日。浦和レッズレディースは、レギュラーシリーズを首位で通過し、エキサイティングシリーズの開幕戦に勝利を収めて好調を持続している日テレ・ベレーザをホーム浦和駒場スタジアムに迎えた。

エキサイティングシリーズ6位スタートとなった浦和と日テレの勝ち点差は8と大きな開きがあり、前節のアルビレックス新潟レディースに惜敗した浦和にとって、短期決戦となるエキサイティングシリーズをこれ以上負ける訳にはいかない。浦和は、強い気持ちを持って、日テレに挑んでいった。

浦和のキックオフで始まった試合は、立ち上がりから浦和がDFラインを押し上げて前線から激しくプレスを掛けていった。

吉田靖監督から「下がるなぁ!」と檄が飛び、選手の背中を押した。しかし、日テレを押し込み主導権を握るが、日テレの堅い守備をこじ開けらずにシュートまで持ち込めない展開が続いてしまった。

22分には、右のバイタルエリアで後藤三知選手が粘った折り返しを猶本光選手、柴田華絵選手と繋ぎ、相手DFがずれたところを吉良千夏選手がシュートを放つも決め切ることが出来なかった。

(残り 1326文字/全文: 1838文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ