浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】猶本「同点になって試合の雰囲気が変わった」 <猶本、長野、長船、吉良、清家コメントあり>(2015/10/18)

猶本「同点になって試合の雰囲気が変わった」

攻守に渡りピッチの中央でゲームコントロールをしていた猶本光選手は「今週は、すっと前線から嵌めこむ守備の練習をしていた。ベレーザのボール回しに対する練習では上手く行かなかったが、修正出来た。前半は、お互いにビックチャンスが作れない中で、ベレーザが決めて来て、後半に逆転出来て良かった。苦しいなぁ~って思ったが、最後にベレーザのチャンスを潰していたし、清家を途中から入れるまでの我慢だと思った。清家が入るとDFの裏のスペースを使えるのでだいぶ違う」と話した。同点弾に繋がったCKについて「前半にも同じ状況のCKがあり、GKにキャッチされてしまった。GKが出て来るのでニアーが空くから狙って見た。同点になって試合の雰囲気が変わったと思う」と笑みが零れた。そして最後に「疲れたぁ~」と大きく息をついき「失点した後に、千佳(加藤選手)のシュートが決まっていたら、もっと楽だったかも・・・」と苦笑いしていた。

(残り 1423文字/全文: 1842文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ