浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】ミニゲームでボランチを組むことが多かった斎藤「啓太さんの背中を見て有意義に過ごしたい」<斉藤、武藤コメントあり>(2015/10/21)

TAK_4001

斎藤「啓太さんの背中を見て有意義に過ごしたい」

ミニゲームでも練習試合でも鈴木選手とボランチを組むことが多かった斎藤翔太選手は「自分が小さいころから浦和を見て来て、ACLで優勝した偉大な選手がいなくなるのは、チームとして残念。啓太さんの良いところを少しでも自分の物に出来るように、啓太さんの背中を見て有意義に過ごしたい。啓太さんのコーチングや守備の広さ、ロングキックの精度、オシムジャパンでも汗かき屋で、一緒にやって見ると守備面だけでなく攻撃の組み立ても凄いと感じた。縦パスのスイッチを中心になってやっている。見習う部分が大きい」と話した。そして「山さん(山田暢久氏)ツボさん(坪井慶介選手)と浦和の中心選手が次々といなくなって寂しい。一緒にプレーが出来たのが夢のようだ。時間の流れは、止められない。自分は、啓太さんを追いかけて来た」と寂しさを隠せないでいたが、「最後は、優勝して笑って終わりにしたい」と話した。

(残り 429文字/全文: 834文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ